適性検査を受けてからレーシック

オリンピックや数々のスポーツ大会で大活躍をしているスポーツ選手も続々とレーシック手術を受け始めています。
もうメガネなどに頼る時代は終わりました。これからはレーシックで視力を回復させる時代なのです。 適性検査を実施する時に注意をしなければいけないこととしましては、ソフトレンズコンタクトは1週間前、そしてハードレンズコンタクトは2週間前から着用を中止するということです。
手術の前はメガネを使った生活をして、正確に適性検査を行うための準備をしておきましょう。

 

レーシック手術をするかどうか決定するために、レーシック手術前には適性検査が実施されることとなります。
「レーシックに耐えることが出来る眼かどうか」「眼に病気や疾患は無いか」などを検査をします。

 

レーシックの適性検査におきましては角膜の状態、近視や乱視や遠視の有無、そして眼球の硬さ・視力・涙の量などといったことを検査していきます。
この適性検査には約2〜3時間必要となりますので、時間に余裕のある日に検査の予約を入れておくようにしましょう。

フコイダンの最新情報
http://daiichi-sangyo.com/
フコイダン



適性検査を受けてからレーシックブログ:01-8-2020

(○・∀-)ノ【゚・*:.。. ☆コンチャ☆

正しいシェイプアップは、
「痩せやすい身体をつくる」ことです。

そして
痩せやすい身体をつくるのに必要なのが
「基礎代謝」です。

つまり、
基礎代謝を制することが、
シェイプアップ成功の大きなポイントとなるわけです。

基礎代謝は
身体を動かしていなくても、
体温を保ったり、呼吸をしたりするなど。
就寝中でも消費されるエネルギー代謝のことです。

要するに、
自分の意思とは関係なく
普通に生活しているだけで、
勝手に消費されていくエネルギー量のことなのです。

基礎代謝を上げれば、
一日の消費エネルギー量を増やすことができ、
普通に生活していても、
より多くのエネルギーを消費させることができるので
効果的に身体に溜まった脂肪を燃焼させることができます。

どのようにすれば基礎代謝が上がるのかというと…

基礎代謝は「筋肉量」と密接な関係を持っています。
筋肉量が多ければ基礎代謝も高くなるのです。
大食いなのに痩せている人は
見た目は細くても筋肉量が多く、
脂肪燃焼効率が高いので、太らないと考えられるのです。

基礎代謝は、
筋肉量を増やすことで高くなっていくので、
運動などで筋肉を使い、筋肉量を増やすことで、
代謝量がアップしていくんですね。

なので、
基礎代謝を上げるためには、
運動で筋肉を鍛えることが必要となるのです。

運動で筋肉を鍛えると言っても、
筋肉を大きくするような筋力トレーニングではなく、
筋肉を使うと考えてもらった方が良いですね。

ですから、
ジョギングなど簡単な運動でも、
いままで眠っていた筋肉が目覚め、
機能しはじめるので代謝は向上しますよ!

簡単な運動を習慣にして、
無理なく痩せやすい身体を目指しましょう!

じゃんじゃん