適性検査を受けてからレーシック

オリンピックや数々のスポーツ大会で大活躍をしているスポーツ選手も続々とレーシック手術を受け始めています。
もうメガネなどに頼る時代は終わりました。これからはレーシックで視力を回復させる時代なのです。 適性検査を実施する時に注意をしなければいけないこととしましては、ソフトレンズコンタクトは1週間前、そしてハードレンズコンタクトは2週間前から着用を中止するということです。
手術の前はメガネを使った生活をして、正確に適性検査を行うための準備をしておきましょう。

 

レーシック手術をするかどうか決定するために、レーシック手術前には適性検査が実施されることとなります。
「レーシックに耐えることが出来る眼かどうか」「眼に病気や疾患は無いか」などを検査をします。

 

レーシックの適性検査におきましては角膜の状態、近視や乱視や遠視の有無、そして眼球の硬さ・視力・涙の量などといったことを検査していきます。
この適性検査には約2〜3時間必要となりますので、時間に余裕のある日に検査の予約を入れておくようにしましょう。

フコイダンの最新情報
http://daiichi-sangyo.com/
フコイダン



適性検査を受けてからレーシックブログ:04-3-2021

ダイエット中、
どうしても甘いものを食べたくなった時は
お腹が満腹感に満たされている
食事の後がベストなんですが…

そんな食事の後のデザートにも
ご法度メニューがあるんですよね!
それは焼肉の後のアイスキャンディーです!

焼肉の後のアイスキャンディーって
格別に美味しいんですよね!

いくらダイエットのためとはいえ、
我慢するのは難しい…

でも、
ダイエットに失敗したくないなら、
焼肉とアイスキャンディーの食べ合わせを避けましょう!

どうして、
焼肉の後のアイスキャンディーが
ダイエットの大敵なのかというと…

そもそも焼肉は脂肪が多く、
アイスキャンディーは糖分が多い食品です。

ダイエット中は
脂肪・糖分の取りすぎがよくないのはいうまでもありませんが、
恐ろしいことにこれらを同時に摂取すると
その悪影響は、さらにパワーアップしてしまうそうなんです!

つまり
脂肪と糖分を一度にたくさん摂取してしまうと
からだに脂肪が増えやすくなってしまうわけです。
ダイエット的にはまさに最悪!!

ですから
焼肉のあとは、
せいぜいガムや小さいあめぐらいで我慢しましょう。
焼肉にかぎらずお肉をたくさん食べてしまった時は、
この方法がオススメです。

焼肉屋さんで食べる時は
一人前がお皿で出てきますし、
お会計の後にちゃんと
ガムやあめがもらえますから大丈夫ですよね。

ちなみに…
焼肉は
鉄板よりも網で焼いた方が、肉の脂肪が落ちるので
ダイエット中の摂取カロリー対策としては
効果的なんだとか…

ということは、
ダイエットに励んでいる人は
家での焼肉は当分我慢にした方が良さそうですね!