乱視の悩みはレーシックで解決

どんな手術でも失敗のリスクがあるようにレーシックでも同じようなことが言えるのです。
しかし他の手術とは異なり、その失敗例は非常に少なく成功率の高い手術とも言えるでしょう。 レーシックの技術が次第に進歩してきたことによって、乱視の矯正も出来るようになりました。
乱視も近視と同じであり、角膜の屈折率を矯正してあげることで、元々の視力を蘇らせることが出来るのです。

 

近視の治療としまして非常に大きな効果を実現することの出来るのがレーシック手術となります。
しかし治療の対象となるのは近視に限ったことではなく、乱視の治療もすることが可能となっています。

 

数年前のレーシック手術におきましては乱視治療を行うのは難しいこととされていました。
乱視というのは近視と比較をして視力の矯正が複雑になるので不可能とされていましたが、今ではそれが可能となったのです。



乱視の悩みはレーシックで解決ブログ:03-3-2021

現在いろいろな減量方法が
メディアなどで紹介されていますが、
どの方法も気になるのは
リバウンドではないでしょうか。

減量を始めると
多少なりとも、経験するのがリバウンドです。

リバウンドとは
せっかく頑張って減量して減少した体重が、
短期間で元に戻ってしまったり、
最悪以前よりも体重が増加してしまうことです。

リバウンドの怖いところは…
減量とリバウンドを何度も繰り返していると、
どんどん太りやすく痩せにくいからだになってしまうという点です。

減量を成功させる為には、
リバウンドを起こさないようにすること。
そして
リバウンドの少ない
減量方法を選ぶことが大切になります。

ではどういった
減量方法が理想的なのでしょうか?

理想的な減量は
筋肉を落とさず、からだに溜まった脂肪を除去する方法です。

自己流で安易に減量すると
脂肪よりも筋肉を減少させてしまい、
リバウンドを起こしすい状態になるので注意しましょう。

筋肉を落とさないで脂肪を落とす為には
日々繰り返し運動を行って、
基礎代謝をあげるようにします。

運動の種類は、激しい運動ではなく、
多少汗ばむ程度の軽めの運動が理想です!
無理のない有酸素運動などを
日々続けて行うようにしましょう。

あまり急激にカロリー制限するのは健康によくないので、
間食や夜食を控えるといった程度の
ご飯制限にとどめておきます。

リバウンド防止のポイントは、
基礎代謝の向上、骨量減少の防止、
そして摂取カロリーの正しい抑制です。

減量とリバウンドの関係を理解し、
無理のない減量を行っていきましょう。