レーシック後の視力維持は本人次第

レーシック後の視力維持は本人次第


レーシック後の視力維持は本人次第
「安かろう悪かろう」という言葉がありますが、これはレーシックについてはちょっとニュアンスが異なることがあります。
人気のあるクリニックではそれだけ患者数が多いので安く確実なレーシック手術を受けることが出来るのです。 今現在20歳未満の人がレーシック手術をしたところで、近視が進行中だった場合におきましては、一時的に視力が矯正しても元通りになってしまう可能性が高くなります。
もしレーシックを考えているのでしたら、なるべく20代後半頃になってから受けるようにしましょう。

レーシック手術をすることによって視力回復を実現出来ますが、生活習慣などによっては再びレーシックを受ける前と同様の視力まで落ちてしまうことがあります。
中にはレーシックを受けた時以上に視力が悪化してしまうなんてこともあるので覚えておきましょう。

レーシックというのは現時点の視力を矯正させる治療法であり、矯正が完了した視力の維持までは保証がされません。
一般的な近視の場合におきましては、近視の進行というのは20代後半で止まるとされているので、20代後半にレーシックを受けた人は視力が元通りに戻ってしまうことはほぼありえません。




レーシック後の視力維持は本人次第ブログ:11-4-2021

ダイエットを実行していると、
しばらくの間は「ストーン」といった感じで、
順調に体重が減ります。

ところがしばらく経過すると、
どんなにダイエットに効果的だということを実行しても
体重が減らなくなる時期がきます。

「ぼくはダイエットに向いていないかも」
「ぼくはダイエットできないんだ」
ダイエットに挫折した経験のある方は、
この時点でこう思ったことはありませんか?

でも、ダイエットをしているときに
なかなか体重が落ちないという時期は誰にでもあるもの。
ダイエットには、停滞期というものが必ず訪れます。

これは、今まで摂れていた食事の量が減ったことで、
体が飢餓状態に陥っているのではないかと思って、
エネルギーを消費しないようにして、
飢餓を切り抜けようとする体の本能なんです。

ホメオスタシスとも言うそうですが、
これは誰にでもある、人間のというより、動物の本能なんです。

ダイエットに成功した人と挫折した人との分かれ目は、
ダイエットの停滞期を耐え切ることができるかどうかの
勝負とも言えるかもしれません。

ダイエットをしているときに、なかなか体重が落ちないことは
ダイエットに成功した人も必ず通る道…
このように考えてみてはいかがでしょう。

そうすれば、体重が減らないことに
不安を感じることもなくなり、精神的にも余裕が生まれます。

そして、
「体重が減らない」ということに焦点を当てず、
「体重が増えなかった」ということに着目しましょう。

体重が増えなければ、
ダイエットは少なくとも後退はしていないのですから!


レーシック後の視力維持は本人次第

レーシック後の視力維持は本人次第

★メニュー

レーシックの紹介制度を有効活用
老眼治療もレーシックにお任せください
乱視の悩みはレーシックで解決
レーシック選びに口コミサイトを活用
レーシックには保証制度もある
なんと交通費を貰えるクリニックもある
適性検査を受けてからレーシック
レーシックにおけるリスクを理解しよう
レーシック後の視力維持は本人次第
レーシックが原因でのドライアイ


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)あなたが求めているのはレーシック