レーシック後の視力維持は本人次第

レーシック後の視力維持は本人次第


レーシック後の視力維持は本人次第
「安かろう悪かろう」という言葉がありますが、これはレーシックについてはちょっとニュアンスが異なることがあります。
人気のあるクリニックではそれだけ患者数が多いので安く確実なレーシック手術を受けることが出来るのです。 今現在20歳未満の人がレーシック手術をしたところで、近視が進行中だった場合におきましては、一時的に視力が矯正しても元通りになってしまう可能性が高くなります。
もしレーシックを考えているのでしたら、なるべく20代後半頃になってから受けるようにしましょう。

レーシック手術をすることによって視力回復を実現出来ますが、生活習慣などによっては再びレーシックを受ける前と同様の視力まで落ちてしまうことがあります。
中にはレーシックを受けた時以上に視力が悪化してしまうなんてこともあるので覚えておきましょう。

レーシックというのは現時点の視力を矯正させる治療法であり、矯正が完了した視力の維持までは保証がされません。
一般的な近視の場合におきましては、近視の進行というのは20代後半で止まるとされているので、20代後半にレーシックを受けた人は視力が元通りに戻ってしまうことはほぼありえません。




レーシック後の視力維持は本人次第ブログ:11-1-2021

みなさまは、腹筋トレーニングをすると、
お腹周りの脂肪がなくなって、
お腹がへこむと思っていませんか?

実は、それは大きな勘違いなんです。

腹筋トレーニングを日々続けていると、腹筋がつくので、
確かにお腹が引き締まったように見えます。

しかし、
引き締まって見えるのは、あくまで腹筋がついたからであって、
気になる皮下脂肪は、
残念ながらそのまま皮下脂肪としてお腹に残っているのです。

お腹周りに限らず「脂肪」というものは、
筋肉を動かすためではなく、エネルギーを溜めておくために存在しています。ですから、腹筋を使ったからと言って、
その周りを覆っている脂肪も一緒に使っているわけではありません。

また、腹筋トレーニングは、
脂肪を燃焼させるためのトレーニングでもないんですよね。

脂肪燃焼に効果があるトレーニングと言えば有酸素トレーニングですが、
腹筋トレーニングは、この有酸素トレーニングには属しません。

腹筋トレーニングのようなすぐに終わってしまうトレーニングでは、
脂肪ではなく筋肉に蓄えられている
炭水化物やグリコーゲンが使われてしまうのです。

「じゃあ、がんばって腹筋トレーニングしても意味がないんだ…」
と思われるかもしれませんが、決してそうではありません。

腹筋が衰えてくると、
内臓の重みでお腹がぽっこりと出っ張ってきますし、
ギックリ腰などの腰痛の原因にもなります。

しかし、腹筋をつければこれらを防ぐことができますし、
引き締まった美しい体質を手に入れることもできます。

また人間の体質は、
常に動かしているところには脂肪がつきにくいようにできています。
ですから、きちんと腹筋トレーニングを続けていれば、
お腹の周りに皮下脂肪はつきにくくるのです。


レーシック後の視力維持は本人次第

レーシック後の視力維持は本人次第

★メニュー

レーシックの紹介制度を有効活用
老眼治療もレーシックにお任せください
乱視の悩みはレーシックで解決
レーシック選びに口コミサイトを活用
レーシックには保証制度もある
なんと交通費を貰えるクリニックもある
適性検査を受けてからレーシック
レーシックにおけるリスクを理解しよう
レーシック後の視力維持は本人次第
レーシックが原因でのドライアイ


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)あなたが求めているのはレーシック