レーシックには保証制度もある

レーシック手術で最も気にしてしまうことというのが、やはり目にメスを入れるという恐ろしさかと思います。
しかしレーシックによって失明をしてしまったという例は日本国内では一件も無いのでほぼ安全と言えるでしょう。 保証制度の中におきましても、最高の保証とされているのが生涯保証です。
期間を設けることなく一生涯再治療を保証してくれる生涯保障は保証制度の中でも大変魅力的なのです。

 

レーシック手術のアフターサービスの中におきましても最も重要となるのが保証制度です。
レーシックを受けた後、そのくらいの期間無料で検診や再手術を実施してくれるのかということは、眼科医院毎によって違いがあるのです。

 

レーシックのクリニックを比べる時に重要な判断材料と言えるのが保証期間なのではないでしょうか?
これはレーシック手術後に余計な費用を追加しないために非常に重要なこととなるので事前に比較をしておきましょう。



レーシックには保証制度もあるブログ:14-9-2020

わたしは、シェイプアップのために食事にも気を付けて、
トレーニングも頑張っていたんですが、ぎっくり腰になってしまいました。

ぎっくり腰の治療中はほとんど動けませんから、
当然トレーニングなどはできません。
ひたすらジーっと布団で横になり、痛みが引くのを待つしかありません。

で、どういうわけか
食事のシェイプアップまでお休みしてしまいました。

本来「ぎっくり腰でトレーニングができない」ことと
「シェイプアップ」は関係ありません。
ましてや「ぎっくり腰」と「食事」なんてまったく無関係です。

でも人間心理として
「ぎっくり腰でトレーニングできない」=「シェイプアップできない」
と考えてしまい、その結果
「食事のシェイプアップもやめてしまう」
という図式になってしまったんですね。

やがて、ぎっくり腰が治って、ふと鏡を見ると、
そこにはでっぷりとお腹の出た自分が…
そして体重計に乗ると…

あれだけ食事とトレーニングに頑張っていたのに、
たった1回ぎっくり腰になっただけで、すっかり冷めてしまい
シェイプアップをやめてしまったのです。

そして最後に一言。
「あー、シェイプアップなんてしていたからぎっくり腰になったんだ」
とか
「シェイプアップなんて肉体を壊すだけだから無理しないようにしよう」
「やっぱりわたしはシェイプアップなんてできない人間なんだ」
などなど、こんな風に論理が飛躍し、
せっかく頑張っていた苦労を無に吹き飛ばすだけでなく
2度とシェイプアップをやらないように
自分で自分を方向づけてしまうんですよね。

そもそも、シェイプアップしていたから
ぎっくり腰になるなんてことはありえません。

まったく無関係なのに、なぜか責任をシェイプアップに押し付けてしまい、
せっかくのチャンスを、
たかがぎっくり腰一つで吹き飛ばしてしまったのです!