レーシックには保証制度もある

レーシック手術で最も気にしてしまうことというのが、やはり目にメスを入れるという恐ろしさかと思います。
しかしレーシックによって失明をしてしまったという例は日本国内では一件も無いのでほぼ安全と言えるでしょう。 保証制度の中におきましても、最高の保証とされているのが生涯保証です。
期間を設けることなく一生涯再治療を保証してくれる生涯保障は保証制度の中でも大変魅力的なのです。

 

レーシック手術のアフターサービスの中におきましても最も重要となるのが保証制度です。
レーシックを受けた後、そのくらいの期間無料で検診や再手術を実施してくれるのかということは、眼科医院毎によって違いがあるのです。

 

レーシックのクリニックを比べる時に重要な判断材料と言えるのが保証期間なのではないでしょうか?
これはレーシック手術後に余計な費用を追加しないために非常に重要なこととなるので事前に比較をしておきましょう。



レーシックには保証制度もあるブログ:17-1-2021

青い空を見て、あたしはいつも思っていた。
「自由に暮らしたいよ…」と。
シトシト降る大雨を見て、あたしはいつも思っていた。
「気ままに暮らしたいな…」と。

でも、絶対に無理!
何故なら、うちには猛獣が2頭いるからだ。

しっかり躾をしないといけない…
大きな義務であり、重大な責任!
その猛獣の種族は、息子という。

そんなわけで、
あたしは毎日いきり立ち、大声で罵声を浴びせながら、
ビシッ、バシッと猛獣たちに鞭を振り回している。

けれど、
猛獣たちはちっとも言うことを聞かないし、
罵詈雑言を浴びせられても、どこ吹く風で、
三六五日、二十四時間、まった〜りと寝そべっているのである。
気分はモンゴルの大草原である。

もうお手上げ!
あたしは精も根も尽き果てた…

作っても作っても決して余ることのないおかず、
炊いても炊いても残ることのないライス、
洗っても洗っても底から湧いてくるような洗濯物の山、
ドタバタドタバタと24時間中ノイズがなくならない日々…

もうダメだ。
野生のカバとゴリラを調教しようとした、あたしがバカだった。

力尽きたあたしは、
ある日曜日の朝、目を覚ますことができず、
AM10時過ぎまで寝てしまった。

慌てて部屋から飛び出すと、
なんと、猛獣たちが
目玉焼きを焼き、温かい紅茶を入れ、パンを焼いていた。

「お母さん、この紅茶好きでしょ?」
なんと、あたしの大好きなアールグレーを
ヤカンいっぱい入れてくれていた。

いつの間にか、
猛獣たちは「やさしいヒト」になっていた。

気がつかないうちに、
しっかりとした、やさしい息子に進化していたのだ。

あたしもモンゴルの大草原で11時寝をしよう!
ヤカンいっぱいの紅茶を飲みながら…
そう思った。